お申し込みの際は楽天大学利用規約を必ずご確認ください。

第1条(総則)

  • 本規約は、楽天株式会社(以下「甲」という)との間で楽天市場出店規約(以下「出店規約」という)を承認の上、楽天市場出店契約を締結済みの出店者(以下「乙」という)が、インターネットショップ運営に関するノウハウを甲が提供するサービス「楽天大学」(以下「楽天大学」という。)を利用する場合の契約関係を定めるものである。
  • 乙が楽天大学を利用するにあたっては、本規約のほか、甲が別途定める規約・規則等に従わなければならない。
  • 本規約は出店規約の一部となるものであり、本規約に定めのない事項については出店規約が適用される。また、出店規約に定義された用語は別段の定めがない限り、本規約においても同様の意味を有する。

第2条(利用の申込)

  • 乙は、楽天大学の利用にあたり、甲の提供する講座(コースとなっている一連の講座を含む。以下同様。)ごとに、甲が別途定める手続に従い申込をする。かかる申込の完了後は、乙はいかなる場合も中途解約ができないものとする。

第3条(サービスの内容)

  • 楽天大学において甲が乙に提供するサービスの内容は、甲が別途定めるところに従う。
  • 甲は乙に事前に通知することなく、前項のサービス内容を追加、変更または廃止することができる。

第4条(受講期間)

  • 甲は、提供する講座ごとに、乙が当該講座を受講することができる期間(以下「受講期間」という)を別途定めることができ、乙は受講期間経過後は当該講座(甲がウェブ上で提供するライブラリ機能を含む)を受講することができない。

第5条(受講の予約・キャンセル)

  • 乙は、講座受講の申込完了後、甲が別途定める手続に従い、受講日程の予約をする。乙は、受講の日時、開催地、回数、最少開催人数等に制限があることを承認し、受講日程を事前に甲所定のウェブページで確認しなければならない。
  • 乙は原則として前項の予約をキャンセルすることはできない。やむを得ない事情により乙が予約をキャンセルしまたは講義を欠席した場合、乙は甲が別途定めるキャンセル料を支払う。

第6条(受講料等)

  • 乙は、甲所定の楽天大学の受講料その他の費用(以下「受講料等」という)を、甲が別途定める方法および期限にて支払う。支払に関する手数料は乙の負担とする。
  • 前項に基づいて乙が支払った受講料等は、乙が受講期間内に全ての講座を受講しなかった場合、受講期間満了前に出店契約が終了した場合、その他事由のいかんを問わず返還されないものとし、乙はこれを承諾する。

第7条(著作権等)

  • 楽天大学において甲から乙に提供されるテキスト、DVD、講義(たとえ、乙の店舗運営関係者が出演しているものであっても)、写真その他の情報(以下「資料」という)にかかる著作権、ノウハウその他の権利(以下「著作権等」という)は甲に帰属するものとし、乙は自らの店舗運営に必要な範囲で(複製することはできない)当該資料を使用することができる。なお、甲は当該資料が第三者の権利を侵害しないことを保証するものではない。
  • 楽天大学の利用において乙が作成した資料(乙の作成したウェブサイトの画面、アンケート回答、ビジネスモデルなどを含むがこれに限られない)の著作権等は乙に帰属するものとし、乙は甲に対して無償で当該資料の著作権等の使用を許諾する。

第8条(禁止行為)

  • 乙は楽天大学の利用にあたり、以下の各号に規定する行為を行ってはならない。
  • (1) 楽天大学の講座を録画または録音すること

    (2) 楽天大学において甲が提供した資料を複製しまたは第三者に提供(譲渡、貸与などを含むが、これらに限られない)することその他乙の店舗運営関係者以外の閲覧に供すること

    (3) Eラーニングコンテンツを甲所定の方法以外の方法で視聴すること(ダウンロードすることを含むが、これに限られない)

    (4) 前3号のほか甲が乙に提供した資料の著作権等を侵害する行為

    (5) 甲、楽天大学の他の受講者、その他の第三者の迷惑となる行為(不適切な質問・コメント等を送信することを含むが、これに限られない)

    (6) その他甲が別途禁止する行為

第9条(本規約の違反)

  • 乙が本規約または出店規約に違反した場合、甲は乙による楽天大学の受講を拒否し、または楽天大学の利用を終了させることができる。当該受講拒否によって乙に損害が発生したとしても、甲はかかる損害につき一切責任を負わず、乙が既に支払った受講料等の返還は行わない。
  • 乙が前条第1号ないし第4号のいずれかに違反した場合は、前項に加え、甲は乙に対し、講座が録画もしくは録音された媒体、甲が乙に提供した資料またはダウンロードしたファイルおよび媒体ならびにその複製物を甲に引き渡すことを請求できるものとし、乙はこれに応じなければならない。
  • 乙が本規約に違反したことにより甲が損害を被った場合、乙はその一切の損害(弁護士費用を含む)を賠償しなければならない。

第10条(順延)

  • 天災地変、交通機関のストライキその他の事由により講座の開催が困難であると甲が判断した場合、甲は当該講座の開催を順延することができる。順延後の講座開催日程は甲が別途乙に通知する。この場合において、甲は乙が順延に起因して支出した追加費用および発生した損害の賠償をする責任を負わない。

第11条(免責)

  • 甲は、楽天大学の受講によって乙の出店ページにおける売上高の増大、ページビュー数またはクリック数の向上その他の効果を保証するものではない。
  • 甲は、楽天大学において乙に提供する資料の正確性、信頼性、有用性、目的適合性等につき一切保証しない。
  • 甲は、講座の受講風景を静止画または動画で撮影し、「楽天大学」のウェブサイトや資料への掲載その他甲が妥当と認める方法で使用することができるものとし、乙はこれに同意する。甲は、当該静止画または動画の使用により乙に損害が生じたとしても、一切その責任を負わない。
  • 天災地変、通信障害その他不可抗力により、甲がウェブ上で提供する機能の全部または一部の利用が不可能になった場合、乙は、甲に対して、受講料の返還、減額その他の補償を求めないものとする。
  • 甲は、前各項のほか、乙が楽天大学の利用により被った一切の損害につき責任を負わない。


    2007年11月1日制定
    2016年7月5日改定

楽天大学利用規約はご確認いただけましたか?

楽天大学は楽天株式会社との契約関係がある出店者様ご自身のみ参加可能です。
出店者様の関係会社、業務委託先等の第三者による代理出席等は、一切お断りしております。

お申し込み方法はこちら

ページ先頭へ戻る